読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エダマメ隊"エ"の活動日誌

言うほど活動してないです

愛と 怒りと 悲しみの

ゴーストリック愚痴シリーズ

えみるです。

 

今回はゴーストリックを使っているであろうみなさんと傷を舐め合っていこうとおもいます。

 

特に何かを生み出すことができるわけでもないので今回は短めにしようとおもいます。

 

 

 

ゴストリの生い立ち

 

ゴストリ初登場時は一体どうやって戦えばいいか見当もつかない状況でした。征竜魔導の影響なのか、とんでもなく弱いテーマにしてくれやがりました。

続く2つの弾でデュラハン、マリー、猫娘、人形、ナイトとその他が増えたものの、デッキと呼べるかすら怪しいレベルでしたね。

 

このテーマが本格始動したのは9期の第二弾、NECHで駄天使が舞い降りた時であることは間違いありません。実質この日がゴーストリックが生まれた日です。今思えば、8期のテーマと張り合えるようになるどころか、9期のテーマとも戦えていたほどでした。奴ら除いて

ここからまたゴーストリックは悲しみに溢れた人生を歩むわけですがそれはまたどこかで。

 

こんな経験、ありませんか?

ゴーストリックでデッキを組む際、なにか他のテーマと合わせようとしたことがある人は少なくないはずです。僕もいろいろなカードをゴストリで使えないかと検討してきました。

 

最近のゴーストリックはDDの力を借りるのが主流となっています。これにより駄天使が出しやすくなり、サイフリートを横に添えることもできるようになります。

べイゴマックスとも優秀ですね。召喚権を使わずに駄天使、優秀なランク3を出すことができます。

それではこの二つのギミックをゴストリに採用してみるとどうでしょう。みるみるうちにゴーストリックが抜けて行って【SRDD】になってしまったではありませんか。

 

このように、ゴーストリックになにかを混ぜる場合、最終的にゴストリを抜いた方が強いという、何とも遊戯王らしい現象が起きてしまいます。

折角闇属性で、サポートも多い悪魔、魔法使い、アンデット族なのにその利点を生かすことができないのは残念で仕方ありません。

 

いつでも使える魔法の言葉

 

「ゴーストリックいらなくね?」

 

 

 

ゴストリ絶対殺すマンのみなさん

愛と怒りと悲しみのシャイニングナンバーズ

 

f:id:edamametai:20160709220333j:plain

f:id:edamametai:20160709220402j:plain

 

奴ら

f:id:edamametai:20160709220420j:plain

ゴストリでは突破不可能なタイプの耐性

f:id:edamametai:20160709220526j:plain

魔法罠除外系

f:id:edamametai:20160709220557j:plain

 

多すぎだろ。苦手じゃないカードのほうが少ないのでは?

 

SNo.39希望皇ホープ・ザ・ライトニングに至っては採用できるデッキが多い上に下手をすれば処理できないままこいつ一枚に殺されかねません。そのうえゴーストリックはこいつを採用できず、こちらからしてみればただただ迷惑なだけです。ホープルーツに重ねさせてほしいものですね。

 

クリフォと帝はアドバンス召喚でロックを突破してくる上に、召喚されたクリフォはすべてのゴストリモンスターの効果を受けず苦労して破壊してもまた復活、帝には怨邪帝がいたりと、とても戦えたものではありません。

 

 「相手のカードの効果を受けない」系をゴストリでの突破は無理です。まさかグールを採用した上でその横に駄天使と+αを並べれば突破できるから別にこいつは許されてもいいだろうなんて思ってませんよね?許されないんDA

 

魔法罠を除外してくるのは本当に厄介ですね。青眼相手なら霊龍を出せる効果にチェーンしてアウトを打てないと複数入れにくいハウスやナイトを除外されてしまいます。

とまあこんなにも天敵が増えてしまったのです。世知辛い世の中だ

 

ここであげた天敵は数多くある苦手なカードのごくごく一部です。

 

 

 

短くしようと...思ったのに.....

 

長くなっちゃいそうだったのでキリのいいところで締めます。

 

バイビー

 

“ゴーこん”  ~古代生物とオーバーレイ♡編~

ゴーストリックにこんなのどうでしょう(ゴーこん)シリーズ

えみるです。

 

ゴーストリックにこんなのどうでしょうシリーズです。

新タイトルとなった第二回目の混ぜ物は海外先行テーマ、バージェストマです。

 

バジェストリックとでも呼んでおきましょうかね。

 

どんなデッキか簡単に説明しますと

 

この子と

f:id:edamametai:20160627235346j:plain

 

こいつらで

f:id:edamametai:20160911222448j:plain

 

f:id:edamametai:20160911222505j:plain

 

エクシーズ♡します

f:id:edamametai:20160911222702j:plain

 

僕はそういう趣味してないんですけどね

 

 

ではさっそく始めていきましょう。

 

 

 

バージェストマってどんな奴ら?

 

 

なんてことはもうみなさん大体知っていると思うので、ここではゴーストリックと混ぜる上で重要な②の効果で特殊召喚した後についてです。

罠のバージェストマは、《真源の帝王》や《幻影騎士団シャドーベイル》などのように、特殊召喚されると罠として扱われず通常モンスターとして扱われます。この状態のカードが《月の書》などの裏返す効果を受けると、そのまま裏側守備表示になり、それ以降は「フィールドから離れる場合除外され」なくなります。

 

なんらかの方法で一度裏返せば、墓地にバージェストマを残すことができます。

 

 

が、ゴーストリックにはゴーストリック以外の自分のモンスターを裏返す手段が非常に少なく、人形で裏返そうにも通常モンスターとなったバージェストマはモンスター効果を受けません。

 

しかし、この一見仲の悪そうな人形とバージェストマを繋いでくれるキューピットのような女性がいたのです。

 

 

それが彼女

f:id:edamametai:20160911223105j:plain

 

シェイプシスターです。

 

バージェストマなどと違い、裏側にされる効果を受けると魔法罠ゾーンにセットされます。この性質を利用して、次に示すような動きができます。

 

 

①人形リバース 

②シェイプシスター発動チェーン墓地バージェストマで二体を特殊召喚

③人形とバジェでオパビニアをX召喚

④エンドフェイズに人形の処理でシェイプシスターがセットされる。

 

といった感じです。④のとき、オパビニアは人形の効果を受けず裏返ることはありません。ここにもう一体以上レベル2のモンスターを用意できれば、人形を残してターンを返したり、オパビニアではなくアノマロカリスを出すこともできます。

 

ゴーストリックとバージェストマを混ぜる上では重要な動きになると思います。

 

 

 

 その他相性がいいかもしれないバージェストマ

名前だけですまんな

 

 

 ハルキゲニア

フィールドのモンスターの攻守をターン終了時まで半分にします。

相手モンスターの攻撃力を半減させた後にゴーストリックサキュバスの効果を使うことで、サキュバスしかモンスターがいなくても攻撃力2800以下のモンスターまで処理できます。横に一体でもゴーストリックがいれば攻撃力3000以上のモンスターの処理も可能になります。

ゴーストリックをメインに入れないバージェストマだとしてもサキュバスはエクストラに必要になるでしょうね。お店に急げ。

 

マーレラ

 デッキから罠を1枚なんでも落とせます。どうしてもゴストリ魔法罠を複数枚揃えたい時に。

 

カナディア

相手にしか使えない月の書です。それだけ。

 

 

 

用意するもの

・各種バージェストマ

・人形とマリー3枚ずつ

・好きな☆2ゴーストリック娘

・ハウスとパニックを少々

・シェイプシスター 

・そのほかつよいかーど

 

あそびかた

①人形シェイプなどを利用してバージェストマと☆2ゴストリ娘を並べます。

 

②バジェとゴストリ娘でオーバーレイ♡

 

③気が済んだらデッキからゴストリを抜いてカエルさんとかを入れましょう。

 

楽しいね(*^^)v

 

 

①と②すっとばしてガエルバジェ組むのが賢いと思います。

 

 

 

さいごに

 

海外テーマといえば今サブテラーとかいうのがいるらしいですね。

 

そいつらが来日する日がゴーストリックの命日です。

(ゴーストリックの命日は予告なく前倒しされる可能性があります。)

 

おやすみなさい。

 

 

 

 

 

 

ゴストリにこんなのどうでしょう ~スターヴ編~

ゴーストリックにこんなのどうでしょう(ゴーこん)シリーズ

えみるです。

 

ゴーストリックにこんなのどうでしょう的なシリーズです。

 

第1回目はスターヴヴェノムくんです。

 

まあ誰でも思いつくことでしょうし短めに

 

今回の主役

という程のものでもないですが

f:id:edamametai:20160709223222j:plain

 

そしてこいつを使って出すのはもちろんこいつ

f:id:edamametai:20160709183539p:plain

 

これをやるならゴーストリックじゃなくてもよいのはいつものことなのですが、ゴーストリックとしては嬉しいことはあります。

超耐性持ちを突破できる点とライフを取れるという点ですね。アルティメットファルコンも突破できる効果な上、スキップフォースなどでもう一度出されてしまっても、トランプウィッチが残っていれば第二第三のスターヴヴェノムを出すことも可能です。

DDと両立して入れるなら、ダルクかサイフリートがハウス無しの時にライフを削ってくれることもあり、スターヴヴェノムの攻撃とDD2800sの直接攻撃が決まれば5600ダメージとなり、駄天使と400打点のキョンシー猫娘の直接攻撃で決着がつくラインとなります。

「場が埋まり過ぎてランタンが使えなくなっちゃう!」や「人形をリバースさせずに展開したい!」なんてときにも使えるかもしれません。

エクシーズしようとしたら次元障壁でエクシーズ宣言くらったときに使える可能性もなくはないです

 

周辺機器

 

 トランプウィッチのスケールが4なので、スケール1を用意できれば星2、3のゴストリをP召喚できるようになります。

でも猿がいない今ゴーストリックに無理なく入るスケール1なんて......

 

 

f:id:edamametai:20160713131812j:plain

 

いました

トランプウィッチ同様にドクバからサーチでき、ステータスの低いゴストリを若干ですが場に残しやすくなります。それぞれが単体でもそこそこ機能して、余裕があればペンデュラムも狙えるので悪くないカード達だと思います。

ドクバはゴストリとレベルこそ合いませんが、召喚からトランプをサーチしてすぐスターヴの素材になれるのでレベルが合わないのはあまり気になりません。

 

 

スターヴの素材条件はフィールドの闇属性モンスター×2ということで、サイドから超融合を入れやすくなりますね。環境に合わせてメタルフォーゼの融合体などもサイドに忍ばせておきましょう。

サイドといえば、DDを出張させてる場合にサイドに採用しやすい揺れる眼差しからのサーチも可能なセットですね。ワンチャン!?からトランプウィッチをサーチできることもあって、DDとの相性は割といいようです。

 

 

 

で、これ実際使うの?

 

 

と聞かれると返事に困ります。大体メイン4枚エクストラ2枚ほど枠を持っていかれてしまうので、いろいろとカツカツなゴーストリックに採用してもいいものなのかは怪しいところです。眼差しやワンチャンからサーチするならDDをサーチしたい場面のほうが圧倒的に多いです。

 

とはいえ採用する価値がないわけではないセットではあるので、これを読んでいるみなさん自身で確かめてくださいと丸投げしたところで終わりたいとおもいます

 

バイニャラ

 

 

INOVとゴーストリック

新弾とゴーストリックシリーズ

えみるです

 

新弾発売ですね!過去テーマの救済やその皮をかぶったぶっ壊れなど盛り沢山ですね。もちろんゴーストリックに新規はありません。悲しきかな

アロマージにも二枚新規がありましたね。アロマセラフィになったローズマリーちゃん、かわいいですね。アロマージは新規にも恵まれているし使用者も多いしいいですよね。それに比べてゴーストリックは......

ちょっとだけ新規カードをみていきましょうか。

 

ゴーストリックと相性がよさそうな奴ら

f:id:edamametai:20160709183539p:plain

 

まずはこいつ。フィールドのゴストリで融合してあげましょう。

ゴストリだけでは処理できないアルティメットファルコンなどを処理出来たり、ライフを削りやすくなることでしょう。

こいつに関しては別記事でもうちょっとだけ書くんじゃよ

 

f:id:edamametai:20160709183604j:plain

次にこのカード。もちろんこのカードを使うなら他のデッキのほうがいいのですが、素材を使い切った駄天使からアザトートなどを出したり、ゴーストリックブレイクなどで蘇生させたアルカードからランクアップしたりとできることは少なくないです。

ホープルーツを入れておけば、ホープゼアルは出せないもののホープドラグーンは出すことが出来ます。いろんなRUMを採用した面白デッキ(笑)を作ってみるのもいいかもしれませんね。

f:id:edamametai:20160709183636j:plain

 

最後にこのカード。ゴストリには相手ターンに場で効果を発動するXはおらず(いますけど普通使いません)、上手に使えば人形で裏返すモンスターを残しつつ相手の展開を妨害できます。底なしやダスフォより除去に強いのもいいですね。

しかし、帝にほとんど効かず、そもそもゴストリにこれを打たれるのはしんどいのでこのカードの登場は必ずしもゴストリにとってプラスであるとは言えないのかもしれません。

 

私怨のコーナー

f:id:edamametai:20160709183658j:plain

 

二度とその面を人前に曝すな

 

希望的観測のコーナー

今回の弾で少しだけゴストリ新規を期待できる要素がありましたね。

 

①7/7のテラナイト新規公開

前回のハロウィンにゴストリ新規を発表しなかったことでもう季節行事に絡んだ発表はやめてしまったとばかり思っていましたがそんなことはありませんでしたね。もしかしたら前回のハロウィンにマドルチェと一緒に新規を出そうとしていたけど、ショコアラモード登場からあまり時間が経ってなかったために一年先送りにすることにしたのかもしれませんね。次来なかったらおしめえだ

 

②突然のエーリアンとガエル新規

もう9期より前のテーマはポイしちゃったのかとばかり思っていましたがそんなことはありませんでしたね。いろんな過去テーマに希望の光が差し込みました。

 

③トリック&トリート

餅カエルの効果ってまさにトリック&トリートのような効果だとは思いませんか?餅カエルの強奪効果の登場はゴーストリック最強のカウンター罠登場の前触れなのかもしれませんよ。今すぐ店に走ってゴストリカードを買い揃えましょう。

 

 

 

ああ、それともうひとつ

某シュミレーションシステムがやばいらしいですよ神戸くん。これではもう、顔と顔を合わせるしか対戦の方法がなくなり、「あいつはゴーストリック使ってくるらしいから近寄らんどこ...」なんてことになってしまうかもしれませんねぇ......

おっと、つい余計なことを喋ってしまう。僕の悪い癖です。

 

 

それではこれで。杉下右京でした。

 

 

 

 

ゴーストリックを組むならこれだけは買っておこう!

 

えみるです。

 

今回はゴストリを組むならぜひ持っておきたいカードの紹介です。

書くことが多いのでパパッといきましょう。

ゴーストリックカード

キョンシー

f:id:edamametai:20160627232835j:plain

 

言わずと知れた(?)キーカードです。少なくともゴーストリックとして組むならフル投入が基本だとおもいます。

サーチ先は基本レベル1、たまに2といった感じです。

維持すればゴストリモンスターをサーチし続けることができますが、1体サーチするだけでも十分仕事をしているといえるでしょう。

セットから発動までが遅く除去されてしまうことが多かったり、、妨害の的になりやすいカードでもあります。

ライトニングで死にます。

 

マリー

f:id:edamametai:20160627234045j:plain

これもまた最重要パーツです。キョンシーのサーチや踏み台のXモンスターなどを駆使してなるべく手札に持っておきたいカードです。

後に書くDDセットなどを使えば、能動的に使うこともできます。

ライトニングで死にます。

 

人形

f:id:edamametai:20160627235346j:plain

なかなか癖のある子ですが、非常に優秀な子です。リバース時に強制効果が発動して、エンドフェイズに効果が適用されます。

ぜひとも相手ターンにリバースしてペースをつかみたいですね。

ライトニングで死にます。

 

ランタン・スペクター

f:id:edamametai:20160628000419j:plain

f:id:edamametai:20160628000501j:plain

ゴストリモンスターを場に残しておくのに欲しいカードです。

ランタンは貧弱なゴストリモンスターを守れますね。

スペクターは1枚だけでも入れておけば、キョンシーが攻撃されたときのリバース効果でサーチ、キョンシーが破壊されてスペクター発動という流れができます。

スペクターは1枚だけ買ってけば事足ります。

二人仲良くライトニングで死にます。

 

猫娘

f:id:edamametai:20160628001822j:plain

こいつを用いたロックを最終目標にしてもいいくらいのカードです。

実際、ネコチャンパワーのおかげで勝てるケースは多いです。こいつと表示形式変更を封じるカードでロックします。ターン1制限はないので、相手によっては完封できますね。これさえあればライトニングも出てこないでしょう。

猫娘に特化させるというのも面白いと思います。

しかし、最近はこいつに引っかからないデッキも増えているので過信は禁物です。

 

Xモンスター

f:id:edamametai:20160626213306p:plain

f:id:edamametai:20160628003427j:plain

f:id:edamametai:20160628003610j:plain

この3体は全部3枚ずつ揃えましょう。

今ならばアルカードだけは1枚で済むかもしれませんが、改訂や新規次第で必要になる可能性は十分にあります。

アルカードにはセットカード破壊と切り込みロック効果が、デュラハンには半減効果と攻撃力アップ効果があり、どちらにもサルベージ効果があります。

駄天使は前回説明した通りの最強カードです。

下敷き組のサルベージ効果ももちろんライトニングでしにます。

 

魔法罠

先に言っておきますがここで紹介するものは使いどころを間違えない限りライトニングに無力化されることはありません。やったね。

ハウス

 

f:id:edamametai:20160629222356j:plain

一番扱いやすいフィールド魔法です。

このカードは積極的にサーチするようなカードではなく、他の魔法罠によって十分に盤面が固まってから貼ってダメージを取りに行くという使い方をすることが多いです。このカードを引いた場合、相手によって除外される心配がないなら貼ってしまっても問題ありません。ゴストリが少しだけ生き残りやすくなります。

一枚でも十分機能しますが、最近は青眼の霊龍みたいに除外してくる輩もいるので増やす選択肢もなくはないです。

 

パニック

f:id:edamametai:20160626230256j:plain

 自分の裏側モンスターを対象にとって表にして、表にしたゴストリの数まで相手モンスターを対象に取らずに裏側にします。相手の行動を抑制するのに使いますが、ゴストリを召喚するために無理やり起こしたりします。

チェーン2以降で発動するとキョンシーがタイミングを逃します。驚きですね。

 

そしてこちらがロールシフト

f:id:edamametai:20160703203340j:plain

こっちは永続罠ですが一体しか選択できない上、バトルフェイズにしか使えないという重大な欠陥があります。採用するとしても一枚くらいですね。二つ目の効果を使う場面はほとんどないです。

 

ナイト

f:id:edamametai:20160703204420j:plain

こいつで裏側モンスターをロックします。ロック魂をみせてやりましょう。

破壊されたときのおまけもあります。表ゴストリをどかされないようにしたいですね。

このカードも1枚にしておきたいですが、除外が怖いなら増やしましょう。

 

アウト

f:id:edamametai:20160703205254j:plain

 手札のゴストリモンスターをみせて裏側モンスターとゴストリカードにちょっとした耐性を与えます。効果の及ぶ範囲は広く、ナイトやハウスを守れるのはうれしいです。

しかしこのカード、なんと自分まで対象にとれなくなってしまいます。つまり、アウトを使った後にパニックやロールシフトを使うことが出来なくなってしまうのです。

パニックはアウトと同一チェーン上で使いやすいけどアウトで守ることが出来ない、ロルシフはアウトで守れるけどその後使うことが出来ないというように、どこかかみ合っていないあたりがゴーストリックらしいですね。

 

 

ゴーストリック以外のカード

ここではゴーストリックと相性のいいカードと、ゴーストリックにセットで出張させるものとの二種類に分けて紹介していきます。

相性のいいカード

闇剣  底なし落とし穴  ダストフォース   月の書

大抵の人は持ってると思いますがこれらは一応3枚ずつもっておいていいでしょう。

個人的に優先度は 闇剣>>底なし≧ダスフォ>>>月書 といったところでしょう。

 

簡易融合  

サウサクや☆3融合を出して展開をサポートしましょう。豆知識ですが裏側にしてしまえば自壊せずサウサクの装備カードも消えるのでまた効果をつかえます。ほとんどやりませんけど

☆3融合は御前割拠に引っかからない闇アンデットの〈フレイム・ゴースト〉か〈アンデット・ウォーリアー〉が有力です。

 

 

・出張セット

DDセット

ケプラー×3 ラミア×2 地獄門×3 ネクロスライム×1

ダルク×1 サイフリート×1 

 

おそらくDDセットを採用するなら一番綺麗な枚数配分になっているとおもいます。ケプラーとラミアでランク1、すなわちデュラハンを立てて駄天使に繋げるのが基本的な仕事になります。

ネクロスライムは、一度デュラハンの素材に使われるなどしてケプラーとそのターン未使用のラミアが墓地にある状態からネクロをコストにラミア蘇生、ネクロとケプラーでダルクを出し、ラミアとダルクでサイフリートというような使い方をします。ゴーストリックでは突破できないモンスターを打点で解決することもあります。

また、このセットを使う場合、〈ワンチャン!?〉を上手に使うことができます。場に生き残った星1ゴストリからケプラーをサーチしたり、マリーをサーチすればエンドフェイズにダメージを受けてマリーを発動したりと展開力を上げることができます。

先攻ケプラーワンチャンから駄天使ネコチャンパニックですね。

また、エクストラを圧迫しがちですが、〈ゴヨウ・ディフェンダー〉を二枚採用すれば、星2ゴストリとラミアからランク3に繋げられます。使いどころは限られますが、便利なランク3モンスターを出しやすくなることでしょう。

 

・ベイゴマセット

ベイゴマックス3枚とトンボーグ1~2枚、お好みで赤目1枚

 

召喚権を使わずに駄天使を出せます。が、ほとんどそれしか芸がなく、持続的な運用ができないのでDDより優先度は低めです。DD規制対策としてどうぞ。

 

他にも相性のいいセットがあるとかないとか

 

 

エンディングのお時間です

ここまで読んでいただきありがとうございます。今回はもうゴーストリックについてある程度知っている方には退屈なものだったかもしれません。ごめんなさい。

これからゴーストリックを組む方が少しでもいてくれたら幸いです。

ゴーストリック弱すぎだし組むわけねえって方ばかりだと辛いです。

それでは今回はここまで、お相手はえみるでした。

次回もなるべくあきらめない

 

 

 

ゴーストリック始めてみませんか?

はじめに

えみるです。

実質初投稿ですね、頑張ります。

 

ゴーストリックというテーマをご存知でしょうか?きっと、知っていても名前しか知らない、そんなテーマ興味ないという方が多いと思います。もしかしたらそんなテーマなんて知らないという方も多いと思います。

実際、あまり使われているテーマではありません。もともとパワーが高くないことに加えて、度重なる主張パーツの規制や天敵の出現により、使用者は年々減少傾向にあります。

そこで、みなさんに少しだけでもこのテーマのことを知ってもらい、あわよくば使用者を増やし、僕自身も成長していけたらと考えています。

それでは本題に入ります

 

 

ゴーストリックってどんなテーマ?

 

f:id:edamametai:20160626213306p:plain

究極のドM向けテーマです。

このご時世にどうしてこんなパワーの低いデッキを使わなければいけないのかってレベルです。罰ゲームとかで使わせるのにぴったりだと思います。

 

なんて冗談はさておき

簡単に言うとサイクルリバーステーマです。

相手モンスターを裏側にしてフィールド魔法の効果でダイレクトアタックというのが基本戦術です。

下級モンスター全員が闇属性、サイクルリバース効果と自分フィールドにほかのゴーストリックがいないと召喚できないという共通効果を持ち、☆1が悪魔族で手札誘発でモンスターを展開、☆2が魔法使い族で相手モンスターを裏側にする、☆3がアンデット族でいろんな面白い効果(笑)をもっていると考えてもらっていいです。

それに加えてまず上の画像のモンスターですね。最強カードです。

ゴストリXに重ねてX召喚出来て、素材を取り除いてゴーストリック魔法罠をサーチする効果と手札のゴーストリックカードを素材に加える効果を持っています。

特殊勝利は飾りです。

そして下敷きのみなさん、〈ゴーストリック・アルカード〉、〈ゴーストリック・サキュバス〉、〈ゴーストリック・デュラハン〉です。それぞれランク3,2,1のエクシーズで、下級の同じ☆のものは同じ種族になっています。

下敷きにしては強力な効果をもっており、アルカードデュラハンには、「墓地に送られた場合、自分の墓地からこのカード以外のゴーストリックと名のついたカード一枚を選択して手札に加えることができる」という効果があります。

駄天使の効果で取り除いてゴストリ魔法罠をサーチしつつサルベージ、というのは基本的なアドバンテージの取り方の一つですね。

魔法罠も特徴的なものが多いですが、ここではフィールド魔法の共通効果だけ紹介します。

要点だけ言うと「お互いに裏側モンスターには攻撃できず、相手フィールドに裏側モンスターしかいないならダイレクトアタックできる」というものです。

ゴーストリックは大体このカードを貼って相手のライフを取ります。(パレードを除く)

 

よく使うカードの紹介などはまた後日まとめますが、それぞれが特徴的な効果を持っているので、ぜひ調べてみてくださいね。

 

アピールポイント

その1 対象に取らず破壊しない相手モンスターの処理

f:id:edamametai:20160626230256j:plain

闇剣などが持っている強みですね。

例えばこのカード、自分の裏側モンスターは対象に取りますが、相手モンスターは対象に取らずに裏側にできます。青眼相手を例に出してみると、カオスMAXを裏に出来たり、精霊龍の変身を無力化出来たりと、現環境でもこれが生きる場面はあります。

墓地に送られて効果を発動するモンスターにも有効ですね。

 

その2 すてきなイラスト

早速ネタがつきてしまいましたね。

でも使い続けるモチベーションを保っていられるのはこれのおかげかもしれません。

 

その3 究極の駆け引きテーマである!

究極のドM向けテーマだとか言ってた奴が何言ってんだって話ですよね

猫娘やナイトの存在から理不尽押しつけテーマだと思われがちですが、実はとても高度な駆け引きができるテーマなのです。

 

(ここからは少しだけゴーストリックの手の内を明かしちゃうかも?)

 

 

ゴーストリックにはサーチ、サルベージ手段がたくさんあります。が、それ故に☆1手札誘発や伏せカードに何があるのか相手に知られていることが多いです。そして☆1ゴーストリックは、相手の攻撃によって発動することが多いので、人によってはゲーム序盤には全く攻撃してこないこともあります。もちろんそれが正解のケースもありますが、こちらのモンスターが残ったままターンを渡してもらえて、こちらは円滑に盤面を整えることができたというケースも多いです。

 

要するにどのように攻撃するかなんです。

ゴーストリックには展開力がなく、共通効果のデメリットもあるので、モンスターをできるだけ増やさないように攻撃するのが対ゴーストリック戦の基本です。ダメージを受けたときにゴーストリックをデッキからセットするマリーめっちゃこわいフロストやそれによく似たランタンをどのように使わせるか、どのモンスターなら破壊しなくてもよいかなどがカギになります。

 

ここで簡単な例を一つ

 

プレイヤーAの場に素材持ち攻撃表示駄天使がいてフィールド魔法は無し、プレイヤーBの場には駄天使より攻撃力の高いモンスターが二体いて、マリーがAの手札にあることがわかっているとします。

この場合、Bとしてはやはり駄天使は処理しておきたいモンスターなのですが、攻撃してダメージを与えればマリーの効果が使われてしまいます。

なのでとりあえず攻撃しておきましょう。

 

① 1体目の攻撃でマリーの効果を使われたとき
マリーの効果で出てきたモンスターを攻撃すれば破壊できます。出てきたモンスターによっては攻撃してもさらにモンスターを呼ばれる場合もありますが、そういうモンスターは早めに処理しておいて損はないことが多いです。(特にキョンシー
② 1体目の攻撃でマリーが使われなかったとき
Aは二回目の攻撃でマリーを使おうとしました。しかしここでBが攻撃をやめてしまうとどうでしょう。Aがもっと私を攻撃してほしいと言わんばかりの表情で見つめてきているではありませんか。寸止めされると弱いんですマリーさん
 
 
もしこの場面でBが何も考えずに攻撃してしまえば、Aは安全にモンスターをフィールドに残すことができるわけです。「ゴーストリックに初見殺しされた」という人は、次からこういうところにも気を付けてみるといいかもしれません。
 

 

ゴーストリックだけに裏を返せば、ゴーストリックを使うとき

どこでカードを使い、如何にして場にゴストリを残して次のターンに繋げるか

が重要になります。

 

上の場合、マリー以外に誘発も伏せもないのなら、1回目の攻撃でマリーを使うべきでしょうね。1体だけでも生きて帰ってこれたなら儲けものです。

 

ではAの手札に、相手に見えていないランタンが潜んでいたとしたらどうでしょう?また違った結果になってくることでしょう。

 

 

これがゴーストリックにおける駆け引きの一つの例です。他にも様々な場面で駆け引きが発生します。

最近の先攻理不尽押しつけデッキに飽きてしまった人、駆け引きが好きな人、

 

 

 

 

き み も こ っ ち に お い で よ

 

 

 

 

さいごに

ここまで長々しく書いてきましたが、ゴーストリックについて書きたい事はまだまだつきません。8割方愚痴ですけどね

次からは主要カードの説明やこのテーマの弱点などでも書いていこうと思います。が、弱点を見てゴーストリックを組むのをやめられても困るので次はとりあえずゴーストリックを組むにあたってそろえておくべきカードをリスト化しますので、「組もうかな?」と少しでも悩んだ方は(揃えておいてくださいね)参考にしてくださいね。

 

それでは今回はここまで。

ありがとうございました。         

えみる (@edamame_tai_E) | Twitter

 

 

 

 

ブログはじめました

ブログ爆誕

どうも、えみると申します。

基本的に遊戯王について書いていこうと思っています。

よろしくです

 

えみる (@edamame_tai_E) | Twitter     ←ツイッターアカウント